プラセンタとは?

人の生命維持・成長・回復に欠かせない力を持つプラセンタ

プラセンタは、哺乳類の胎盤という意味です。妊娠中にお腹の中にいる赤ちゃんの代わりに全ての栄養と機能を集約させ、赤ちゃんへ栄養を送り込んでいます。

昔は特効薬として使用されていた胎盤を、現在は”プラセンタ”という名前で注目され、様々な形態に変換されて販売されています。

胎児の臓器の役割を持つ万能の臓器

プラセンタは、胎児とお母さんのお腹の間に位置し、まだ臓器の機能が確率されていない赤ちゃんの代わりに、様々な役割を担っています。また、お母さんから栄養や酵素をもらったり、胎児の排泄物をお母さんへと渡したりする働きもあります。

赤ちゃんが大きくなる間、臓器の代わりを務めるプラセンタは、たった1つで全ての臓器の役割を担える、驚きの力が秘められています。

生命力と回復力を導く栄養素の宝庫

プラセンタは、臓器の代わりに赤ちゃんの生命維持を担うだけでなく、1つの細胞から大きな赤ちゃんへと成長させる成長因子や栄養素も豊富に含まれています。

胎児の成長は、人の神秘と言われる程の急成長をとげ、10カ月経つ頃にはすっかり一人前の人間に成長しています。この成長力は、全てプラセンタの力です。プラセンタ製品には、赤ちゃんを短期間で成長させる程の生命力や回復力がふんだんに含まれているのです。

今では美容や健康に気を遣う方用にサプリメントやドリンクタイプでも売られているプラセンタ。特に年齢を気にしたくない女性に大人気で今では美容サプリメントの代名詞的存在になっています。

プラセンタサプリやプラセンタドリンクは近所のドラッグストアや通販でも手軽に購入できるので気軽に試す事が出来ます。